englishchinachina

城崎マリンワールド

  • ミュージアム
  • tour
  • あなたにピッタリ城崎マリンワールドの
楽しみ方
  • バックステージツアー
  • 宿泊プラン
  • 日和山食品

飼育レポート

イルカのお肌事情

2019年09月16日(月)

皆さん知っていますか?イルカの肌を触るとよくザラザラする事があるんです。なんと、白い部分からは白い垢が、黒い部分からは黒い垢が出ます!人間と同じで古い皮膚がはがれて新しい皮膚がどんどんできてきます。なんと、2時間に1回肌が入れ替わるとも言われているんです!ドルフィンタッチで触ることもできますよ。皆さんも実際に触って確かめてみて下さい!!(篠原)

.

トドと電話ができる時代

2019年09月11日(水)

日本一言葉がわかるトドとして活躍中のハマ。識別できる言葉の数が30種類!というのが自慢のハマですが、実はこんなこともできるのですよ。3月3日の耳の日イベントで離れた場所からの遠隔ボイスサインを成功させたハマ。テレビ電話で画面越しに映ったハマにサインを出すと・・・見事に反応してくれます。遠く離れた所からでも動物とコミュニケーションがとれるなんて信じられますか?これからは、電話を用いたこの取り組みをどんどん行っていこうと思いますのでご期待ください。(佐々木)

動画はコチラ

.

超!フィッシュダンス!

2019年09月07日(土)

皆さんは、フィッシュダンスの演出が、今年の春からさらに激しくなっていることをご存じですか?ダイブで1日7回おこなっているフィッシュダンスには、約200匹ものブリが登場します。プール中央のステージに乗り、沈んでいくと、目の前を泳ぐ、大きなブリの迫力に圧倒されます。更に、360度映像も素晴らしいですが、特にお客様にエサをあげて頂く体験が、激しいです。そしてクライマックスには、「超フィッシュダンス!」ブリは海では小魚を食べています。そのブリが大好きな、〇〇のエサを撒きますので、ご参加のお客様は、多少の水しぶきは覚悟してください。季節は暑い夏から、秋に変わろうとしています。水温が下がり始めると、更にブリの食欲が増します。ドンドン激しくなる超フィッシュダンスを目の前でお楽しみくださいね。(守山)

動画はコチラ

.

スタッフ目線で解説!イルカ編Ⅲ

2019年08月30日(金)

皆さんこんにちは!今回はイルカの「舌」についてご紹介しましょう!

イルカの舌はこんな感じです。(写真)魚を食べる時には、頭から丸呑みにして食べていますが、その時にこの舌を上手に使っているんですよ。「味はわかるんですか?」とよく聞かれますが、恐らく味わってないんじゃないかな?と私は思っています。イルカは魚を噛まずにすぐ呑み込んでしまいます。なぜかと言うと、自然界では見つけた魚の群れを逃げられないうちに沢山食べないといけません。ゆっくり味わってる暇はないですよね。ただ、イルカの舌にも味覚を感じる感覚細胞はあるそうなんです。ん~実際にはどうなんでしょうか。皆さんもイルカたちの魚の食べ方にも注目して一緒に考えてみてくださいね!舌のお話にはまだ続きがあります!次回は子供と大人の舌の違いを紹介しますね!(豊田)

.

ペンギンからの圧力が…

2019年08月23日(金)

現在、ペンギンのお仕事体験ツアーを開催しています。定員3名とごく少数のお子様しかご参加いただけませんが、ふれあったり、一緒に写真を撮ったりと濃密な1時間です。中でもメインイベントはやっぱり餌やり。ペンギン達に直接手からアジをあげていただくんですが、ペンギンがあまりにも必死で、ご参加のお子様たちはタジタジです。でも、こんな機会滅多にありません。9月からは土日祝のみとなりますが、大人の方もご参加いただけるようになります。この機会にぜひペンギンからの圧迫感を感じてみてください。(出石)

.

授業のはじめは?!

2019年08月18日(日)

先日もお伝えしましたが、イルカアシカショーのテーマが「スクール」ということで、スタッフが先生や生徒に扮して登場し、動物たちについての授業が始まります。学校でも授業の始めには「始まりの挨拶」がありますがKINOSAKIアニマルスクールでもあるんです。先生が登場し挨拶の号令をかけますので、授業に参加したお子様から大人の方までみんなで一緒に「起立、礼」の挨拶をしましょう!(先生役一同)

.

ビフォー アフター

2019年08月14日(水)

今ペンギン達は年に1度の羽が生え換わる、換羽のシーズンを迎えています。4月にペンギンプールにデビューした6羽の子どものペンギン達も今回の換羽で、子どもの羽から大人の羽へ生え換わります。模様が変わるので、どんな顔になるか、私たちも楽しみです。6羽の中で一番に換羽を終えた“こがね”はこんな感じになりました。他の5羽もあともう少しで大人の仲間入りです。(清水)

.

そこに座ってる君も生徒の1人!

2019年08月02日(金)

今年もイルカアシカショーが変わりました!今回のテーマは「Kinosakiアニマルスクール」、たくさんある見所の中からオススメの1つをコッソリ教えちゃいましょー!それはカリフォルニアアシカ「コジロウ」のシーン。何気なく観覧席に座ってると突然親友の1人「○○くん」として前に呼び出されマイクを使ってコジロウに向かって話しかける、するとスゴイ!しっかりと君の声に反応してくれる!時々間違えてどツボにハマることもあるけどそれはそれで面白い☆ぜひ挑戦したいと思うヒトは観覧席ど真ん中がオススメですよ(^-^)(清水)

.

自由研究のテーマにいかが?

2019年07月22日(月)

透けるとんな生きものたち

現在シーズー2Fのレクチャーカウンターでは、体の透けている「透けるとんないきものたち」を展示しています。そこには生物だけではなく、ある実験装置も設置しています。皆さん“屈折率”という言葉は聞いたことがありますか?そういえば昔学校で習ったなぁ、という方もおられると思います。およそ生物と関わりがありそうな言葉とは思えませんが、実は「透けるとんな生き物たち」にはこれがとても重要なんです。陸上生物に透明な生き物が少なく、水中生物には多い。その理由がわかる実験装置ですので、ぜひ実際に実験で確かめてみて下さい(松山)

.

そらダッシュ

2019年07月18日(木)

今回は久しぶりにそらのご紹介です。7月からショーが変わりましたが、セイウチのそらが登場するとき、そらダッシュが見れるんです。観覧席の前の通路を全力でダッシュします。とは言いつつも滑っているだけなんですが…。体重も約600kg!加速がついて途中ドリフトのようになりますが、器用に滑りますよ。ショーでは是非一番前の席でかわいい姿を見てくださいね。

動画はコチラ
ぜひご覧ください。

.

1 2 3 4 5 6 89
カテゴリ
  • 飼育レポート
  • メディア掲載情報
  • 最新の5件
    アーカイブ
    スマートフォンページへ