englishchinachina

城崎マリンワールド

  • tour
  • あなたにピッタリ城崎マリンワールドの
楽しみ方
  • バックステージツアー
  • GEO PARK GUIDE CENTER

飼育レポート

スタッフ目線で解説!イルカ編

2018年11月14日(水)

皆さんこんにちは!今日は動物たちを間近で見ることのできるスタッフならではの解説を行っていきます。

今回はイルカの「目」についてです。イルカの目をまじかで見ると写真の通りです。明るいところでは①のように瞳孔がアルファベットの「U」の字のような形をしていますが、暗いところでは②のようにこの瞳孔が開きます。水中と空気中とを見分けているイルカ達はこのような特殊な目をしているんですよ!また、イルカ達の目からは涙のような液体が常に流れています。③この液の主成分はムチンといって。目の保護液となり、小さなゴミなどから目を守っているんです!では、大きなものが目に近づいてきた場合にはどうするかと言うと、④ちゃんとまぶたを閉じることが出来ます。寝ている時はまぶたを閉じて寝ているのですが、人間のようにぐっすりとは寝ません。敵に襲われた時にすぐ逃げれるよう片方の目は閉じて、もう片方は開けたまま寝ます。半球睡眠と言う特殊な寝かたをするんです。イルカってすごいですよね!少し、話が脱線してきたので今回はここまで!次回はイルカの口の中をご紹介しましょう!お楽しみに!

.

魚と遊ぶ?

2018年11月07日(水)

薄っぺらい体におちょぼ口。このとってもユニークな顔のお魚は「ソウシハギ」といいます。最近シーズー2Fの「ユニークな海の生き物」コーナーにやってきたニューフェイスなんですよ。最大で全長1mにもなり、内臓にはパリトキシン(フグ毒の数十倍!)という猛毒をもつソウシハギですが、愛嬌たっぷりでとってもかわいいんです!目をキョロキョロと動かしてこちらを観察してきたり、顔の前で指を動かすと追いかけてきたり。水族館に来たら、ショーを見たり水槽を眺めたりもいいですが、ぜひ、いろんな魚たちとも遊んでみて下さいね!(山根)

指を追いかけるソウシハギの映像はコチラ

.

じっ…

2018年10月26日(金)

皆さんこんにちは。衣替えも終わり、すっかり秋冬モードですね。城崎マリンワールドは施設の半分以上が外にあるため、これからの時期は寒さとの戦いです。しかし、その寒さに耐えてでも、会いに来てほしい動物がいます。ゴマフアザラシの『きなこ』です!きなこは城崎マリンワールド生まれで、現在3才です。まだまだ遊び盛りなきなこは、目の前を通るだけで「遊んでよ!!」と言わんばかりに猛スピードで近くまでやってきます。かと思えば、写真のようにこちらをじっと見つめて訴えかけてくることもあります。かわいいですね。そんなきなこも活躍する「アザラシのロッククライミング」は1日2回行っています!ぜひきなこや個性あふれるアザラシ達に会いに来てくださいね!猛スピードで近くまでやってくるきなこの動画はコチラ(今村)

.

もうすぐ…

2018年10月26日(金)

みなさん、こんにちは!夏も終わり秋も深まってまいりました。ここシーランドでは、夏からトレーナーが水中に入ってイルカ達と一緒にパフォーマンスする水中ショーをお送りしています。が、その期間も残すところあと数日となりました。11月からはイルカショーのパートを別バージョンでお送りしていきます。そちらも魅力的な内容となってはいるのですが、トレーナーとイルカたちの息の合った水中ショーをご覧になりたい方は是非ともお急ぎください!ウエットスーツでお待ちしています。(バンドウイルカの水中ショー公開 10/31迄)(藤岡)

.

飼育スタッフとトークチャンス!

2018年10月12日(金)

みなさん、水族館に来たらやっぱり動物!!ですが、飼育スタッフとのお話も楽しんでいますか?忙しそうでなかなか声をかけられない!とか恥ずかしくて…とか思っていませんか?城崎マリンワールドではそんな心配はご無用です!お客様とのおしゃべり大好きスタッフがたくさん。チャンスを見つけてドンドン声をかけて下さいね(^^)/
それでもチャンスがない…という方は、平日の16時からのイルカ・アシカショー終了後が絶好のチャンス!!スタッフとの距離ゼロ+イルカ達を間近で見ることが出来ますよ!この機会に聞きたいこと全部聞いちゃいましょー!お待ちしております。(清水)

.

こんなに立派になりました!

2018年10月02日(火)

イルカアシカショーで活躍する動物たちの中でひときわ大きい動物がいます。それはセイウチの「そら」です。温泉宿のVIPのお客様として活躍していますが、セイウチといえば大きな体と大きな“キバ(犬歯)”ですよね。このキバは長いもので60cmになるともいわれています。じゃ、今何センチなんだろう?と疑問に思った我々は「そら」のキバの測定を行いました。おとなしい「そら」はすんなりと測らせてくれ、その結果!なんと44.8cmと、とても立派になっていました。不便じゃないのだろうか…とい思いつつも大きくなってゆく「そら」を微笑ましく見てしまいます。皆さんも「そら」の毎年大きくなっていく体とキバの成長を観察してみてくださいね。(柿本)

.

左の翼にご注目!

2018年09月29日(土)

皆さんこんにちは。夏の暑さはどこへやら、もうすっかり涼しい日が続いていますね。ペンギン達は今年も(ほぼ全羽)換羽を終え、繁殖のシーズンに入ろうとしています。そんなペンギンたちの恋愛模様について詳しくお話をしている大人限定ツアーも開催中です!
さて、現在当館には50羽近くのフンボルトペンギンたちが暮らしていますが、実は1羽1羽全員に名前が付いている事をご存知でしょうか?ペンギン達は左の翼の付け根に腕章をつけていて、そこにはそれぞれの名前も書かれているのでお客様もご覧頂くことが出来ます。しかしこの腕章、1年経つと…

全く見えませんね。裏表に油性マジックで濃く書いているのですが、毎年こうなってしまいます。と、いうことで今年も交換の時期がやってきました。さらに今年は対策として透明な塗料でコーテイングを施します!まだ腕章の製作中ですが、近々ピカピカの“名前の読み取れる腕章”をつけたペンギン達をご覧頂けます。これで誰がどんな恋愛をしているのかも一目瞭然ですね。今年は長持ちしてくれると期待して…(増田)

.

ジャンプ成長中!

2018年09月21日(金)

こんにちは、安枝です。シーランドのドルフィンタンクにはカマイルカ2頭、雌のアーヤ、雄のリンクがいます。リンクはマリンワールド生まれで、現在2歳ですが、生後2か月から解説ショーとして皆さんにご覧いただいてきました。そんなリンクも今では色々なことができるようになり、ショーではアーヤと同じくらい活躍しています。特にこの2頭でのチームジャンプはとても迫力が増してきています!始めはアーヤの半分くらいの高さでしたが、最近はアーヤに負けないくらいの高さでジャンプしています。至近距離で2頭のダイナミックなジャンプが見られるイルカのライブステージ、ぜひお楽しみください!(安枝)

.

このパネルを見かけたら。

2018年09月15日(土)

こんにちは!9月に入り、最近は暑さも少し落ち着いてきた城崎マリンワールド。夕方のトドプールを覗いてみると、こんなパネルを見ることができます(写真左)。『訓練中』と書いてありますが、実はこのパネル、「今新しい種目のトレーニング中ですよ」ということを示すものです。では一体どんな種目を練習しているのかというとこちら(写真右)。私たちは「アクリル立ち」と呼んでいる種目です。トレーナーのサインで、アクリルガラスに沿ってまっすぐ立つ、という種目なのですが、今練習しているのは最年少のハマ。ちなみに写真は先輩のシュンタで、堂々たる「アクリル立ち」をショー中にも見せてくれています。普段は泳いでいたり、岩の上で遊んでいたりと、中々お客様の近くでじっとしていることのないハマですが、この「アクリル立ち」の練習中はアクリルガラスにぺたっと張り付いた状態でじっとしています。それに加え、練習なので繰り返しお客様の近くへとやって来てくれます!ということで、このパネルが貼ってあったらシャッターチャンス。アクリル越しに大迫力のトド、そしてトレーニングに奮闘する飼育員も?カメラに収める事が出来るかもしれません。是非みなさんも、夕方のトドプールを覗いてみて下さいね。(堤)

.

イルカの“毛”!?

2018年09月09日(日)

イルカの肌はとてもつるつるしています。これは、水中で泳ぎやすいようにするためなんです。そのため、イルカの体には”毛”も生えていません。しかし、実は生まれたての赤ちゃんイルカだけ”毛”が生えています。それはなんと、”ヒゲ”です。じっくりとイルカを観察してみると口の周りに点々とひげが生えていた跡、毛穴があります。生まれてすぐ抜けてしまうようですが、イルカにヒゲなんてびっくりしてしまいますね。近くでイルカを観る機会があればぜひ、ヒゲの跡探してみてください!(本多)

.

1 2 3 4 5 6 86
カテゴリ
  • 飼育レポート
  • 最新の5件
    アーカイブ
    スマートフォンページへ