englishchinachina

城崎マリンワールド

  • 冬のおすすめ
  • 年間パスポート
  • あなたにピッタリ城崎マリンワールドの
楽しみ方
  • バックステージツアー
  • GEO PARK GUIDE CENTER

飼育レポート

さて、このポーズは?

2017年12月02日(土)

皆さん、もう今年度のアシカショーはご覧になられましたか?今年のテーマは『城崎ポリスステーション』です。その名の通り、警察を舞台としてアシカ達が頑張ります!警察官と言えば、やはりこの“敬礼”のポーズです。トレーナーはもちろん、動物たちも行う、このポーズですが、ぜひ皆さんも質問などの際に声をかけて頂く際にはこのポーズをやってみてください。笑顔(全力)でお返しいたします!!(藤岡)

.

初めて見ました。

2017年11月28日(火)

11月10日の夕方、スタッフミーティングの時間が近づき、少し急いで事務所に向かっている時でした。館内のシースルーエレベーターのガラス越しから大きな水槽に目をやると、ネズミフグが膨らんでいました。ネズミフグとは最大で90㎝にもなる大型のハリセンボンの仲間で、大水槽にいる個体も60cmは超えています。そんな大きなネズミフグがパンパンに膨らんでいました。私は大水槽担当になって3年程ですが、初めて見ました。なんで膨らんだんでしょうね。そんなことがあるんですね。ちなみにミーティングには遅刻してしまいました。(出石)

.

新人トレーナー、イルカ・アシカショーデビュー☆

2017年11月17日(金)

シーランドのイルカ・アシカショーではたくさんの動物たちが登場するのは皆さんもご存知ですよね!そんなイルカ・アシカショーに新人トレーナー本多がデビューしました!!デビューしたての彼女は大先輩イルカたちの動きやご機嫌に振り回されて四苦八苦…。私も若かりし頃を思い出しました(^_^;)でも人一倍仕事熱心で機動力のある彼女は日に日に成長しております。まだまだ動きや表情には硬さがありますが今後の成長ぶりに皆さんご期待ください!!(清水)

.

ドルフィンタンクに仲間入り

2017年11月15日(水)

シーランドのドルフィンタンクでは親子のイルカ「メリー」と「リンク」がイルカのライブステージでイルカたちのいろいろな紹介を行ってきましたが、この度新たに「アーヤ」が仲間入りしました。このアーヤは実は素晴らしいキャリアの持ち主で、以前にはダイブでドルフィンタッチ、スタジアムではイルカアシカショー、そして今回ドルフィンタンクでイルカのライブステージと多彩な活躍をしてくれています。なんでもオールマイティにこなすアーヤは今回も移動してからすぐにプールにも慣れ、翌日には徐々にライブステージに参加できました。これからも皆様にたくさんの笑顔を与えてくれると思います。ドルフィンタンクでは親子のイルカと、このアーヤへの温かい応援をどうぞよろしくお願いします!!(柿本)

.

新人トレーナーもがんばってます!

2017年10月28日(土)

みなさん、こんにちは。今回は動物ではなく今年入社しました鷲見君をご紹介!鷲見君はとても優しく常に笑顔が絶えません。そんな鷲見君の性格を察してか、イルカたちは鷲見君の前でやんちゃをする事もしばしば、、、許してくれるだろうと甘えているのでしょうか?笑 そんな優しさ溢れる鷲見君はただ今ドルフィンタンクのショーで活躍中!ぜひ鷲見君にも会いに来て下さい。今後ともみなさん応援どうぞよろしくお願い致します!!.

テンションMAX?

2017年10月21日(土)

私たち人間には感情があります。魚たちにもあるんですよ。メイン水槽で暮らすハリセンボンは、普段はゆっくり泳いでいますが、時折水槽の前を通りかかる人をけっこう速いスピードで追いかけてくることがあります。餌を期待しているのかテンションあげあげで泳いできます。感情が顔や態度に出るタイプなんですね。誰にでもついて行くわけではないようですので、皆さまも3階のメイン水槽の前を通るときはチェックしてみて下さい。(清水)

.

シシャモのにおい

2017年10月10日(火)

先月末頃よりレクチャーカウンターにて展示を始めた“おいしい秋、見つけた!おいしそうな名前の生き物たち”の展示の中に、「ししゃも(カラフトシシャモ)の匂いを嗅いでみよう!」というコーナーがあります。“見る”“触れる”という展示手法はこれまでにも行ってきましたが、“嗅ぐ”という展示は今までほとんど無かったので、新しい試みだと思います。ところで、「ししゃも」という名前に食べ物の名前は含まれていないのに、なぜこの様なコーナーがあるのか不思議に思いませんか。実は、ししゃもがある魚の仲間であり、その魚の名前の由来が、ある食べ物の“匂い”がすることからきているのです。ししゃももちゃんとその“匂い”がします。ちなみに「ししゃも」とは、その体形からアイヌ語で柳の葉を意味する「スス(柳)ハム(葉)」に由来するとされています。その為漢字では「柳葉魚」と当てて書きます。普段、皆さんは意識して魚の匂いを嗅いでみるという機会は少ないと思います。この機会にししゃも以外にもいろんな魚の“匂い”にも興味を向けてみてくださいね。(松山)

.

今季、水中ショーもあとわずか!

2017年10月10日(火)

皆さんこんにちは!少しずづ寒くなってきましたね。7月からスタートしたイルカ・アシカショーの水中ショーも今月いっぱいで今季は終了です。10月からは新しく1名が加わり、総勢4名のパフォーマーが水中ショーを盛り上げています。ショーの内容は同じでも、1人1人の表現の仕方はそれぞれなので、違った水中ショーを味わうことが出来ます!皆さんはどのパフォーマーがお気に入りですか?是非、残り1か月!水中ショーを見に来てください!

.

そらとサクラの新種目!

2017年09月22日(金)

皆さんこんにちは!少しずつ涼しくなって秋らしくなってきました。イルカ・アシカショーでは、セイウチのそらとオタリアのサクラの新しい種目を公開しました!その名も「賞状授与」。見事警部に昇進したサクラ巡査に、そら署長から認定証を手渡しする…というものなのですが、これがまた可愛いんです(笑)。そらはサクラが気になるのか、首を伸ばし様子を伺うことも。そんなことお構いなしのサクラは、そらから認定証を奪い取るかの如く持っていきます(笑)。公開は不定期ですので、見ることが出来た人はラッキー!?そらとサクラの賞状授与にも是非注目してみてください!(豊田)

.

どの子が好み?

2017年09月21日(木)

みなさんこんにちは!今回はシーズー館内にあるメイン水槽で暮らすハリセンボンたちを紹介します。現在メイン水槽には約1500匹の魚が暮らしていますが、このハリセンボンたちは特に人に慣れていて、近づくとすぐに一生懸命泳いで寄って来てくれます。この子たちは普段水面近くを泳いでいるのですが、よーく見ると1匹1匹顔つきや模様が違うんです!私も好みの子を見つけてはまったり眺めてほっこりしています♡そんなハリセンボンたちにエサをあげることもできるバックヤードツアーが1日2回行われていますので、ぜひご参加ください!みなさんのお好みの1匹を探してみてくださいね♪(今村)

 

.

1 2 3 4 5 6 82
カテゴリ
  • 飼育レポート
  • 最新の5件
    アーカイブ
    スマートフォンページへ