englishchinachina

城崎マリンワールド

  • 年間パスポート
  • あなたにピッタリ城崎マリンワールドの
楽しみ方
  • バックステージツアー
  • GEO PARK GUIDE CENTER

飼育レポート

馴染みのある深い海の魚

2002年01月25日(金)

皆様はハタハタという魚を御存知ですか?地方によっては食用として有名な魚です。城崎マリンワールドのある但馬地方でも魚屋さんやスーパーでよく並んでいます。しかし泳いでいる姿を御覧になった方は少ないのではないでしょうか?ハタハタは水深200メートル付近に住み、産卵期の冬になると浅場へやってきます。シーズーでは1階深い海水槽で見ることができます。一度探してみて下さい。【大津】.

飼育員の仕事

2002年01月17日(木)

私達が毎日行う仕事の中に、飼育環境のデータ把握ということがあります。その1つが、水温測定です。1日3回、4ヵ所の水温を測っています。水温を知るということはイルカの体調管理の目安又、行動分析の手がかりとなります。平成14年1月10日現在、プールの水温は12.5度です。この水温の中でもイルカ達は、とても元気にショーをしています。どうしてかは直接トレーナーに聞いてみて下さい。【西川】.

4代目はまだ卵

2002年01月11日(金)

12月中旬頃からコウイカが卵を産み始め、今がピークのようです。あれコウイカって初夏に卵産むんじゃなかった?という人がいるかもしれませんが城崎マリンワールドのコウイカはすでに3世代生きているのです。だから季節が解らなくなってしまったのかもしれません。それに卵を産むときの親イカの大きさも1世代目の親イカよりだいぶ小さくなってしまっています。ですから、卵も小さいので4世代目が孵化するのか心配です。只今、シーズ―2Fで展示中!皆さんもこの卵たちを応援してやって下さい。【伊藤】.

立体音響の迫力 

2002年01月04日(金)

イルカ・アシカショーが行われているシーランドスタジアムには音響設備として、ショーステージ側に4つ、観覧席側に8つのスピーカーを備えています。なぜこんなにスピーカーが設置されているかと言いますと、立体的な音を出すためです。ショー中にジャングルの音や蜂の羽音、イルカのジャンプ時の音などすべて立体音響です。特に蜂の羽音の時などはすぐそばを飛んでいるかのようで、思わずよけてしまいそうになるほど臨場感があります。イルカ・アシカショーをご覧になる時は動物の動きだけではなく、立体音響もお楽しみください。【米田】.

カテゴリ
  • 飼育レポート
  • 最新の5件
    アーカイブ
    スマートフォンページへ