englishchinachina

城崎マリンワールド

  • tour
  • 年間パスポート
  • あなたにピッタリ城崎マリンワールドの
楽しみ方
  • バックステージツアー
  • GEO PARK GUIDE CENTER

飼育レポート

気が長い方におススメです

2002年09月08日(日)

海には色々な変装名人がいます。シーズ-2階の水槽にいるタツノオトシゴは、海藻に化けるのが上手。水槽内には褐色と黄土色の2種類の擬草(作りものの海藻)があります。この魚、泳ぐよりも長い尾を擬草に巻つけている時の方が多いのですが、選んだ擬草の色にちゃんと体色を合わせているのです。体のつくりも海藻を意識している様子。このコはまだ全長4cm程の幼魚なので、飼育係の私でも見付けるのに一苦労です。探しものが得意な方、挑戦してみてはいかがでしょうか。余談ですが、タツノオトシゴの属するヨウジウオ科にはタツノイトコやタツノハトコなんてのもいます。竜には親戚がたくさんいるんですねぇ…。【横山】 .

新生ダイナミックライナーズ

2002年09月01日(日)

シーランドスタジアムで活躍中のカマイルカ達「ダイナミックライナーズ」はA,Bチームの2チームから構成されています。今まではAチーム5頭、Bチーム6頭の計11頭で頑張っていましたが、このたびBチームチームの『ニルス』がAチームへ、そして新たにドルフィンタンクで特訓中の『ミーナ』がBチームへ加わります。これで両チームとも6頭ずつとなり、「ダイナミックライナーズ」は12頭となります。9/1よりしばらくの間は『ミーナ』の練習のためAチームだけでショーを頑張ってもらいますが、近日中には12頭そろってのダイナミックなチームジャンプをお見せすることができると思いますので、ぜひご期待下さい。【柿本】 .

隠れ上手のマコガレイ 

2002年08月25日(日)

シーズー2Fの水槽ではただいまマコガレイを展示しています。初夏にシーズー横の海水プールに迷い込んできた、手のひらサイズのものを捕獲しました。カレイやヒラメは海底の色に体色を合わせ、しかも砂に潜ります。しゃがんで水槽の底砂をよくご覧ください。小さなマコガレイが砂から2つの目を出し、辺りをキョロキョロうかがっています。餌を与えますと、ひらひらと泳いで餌にありつき、小さな口で一生懸命ほおばっています。見ていて可愛らしいマコガレイ、決して「美味しそう…」とは言わないで下さい…。【原田】 .

スプラッシュ!スプラッシュ!

2002年08月19日(月)

イルカ達は、時々、普段とは違った行動を見せることがあります。ジャンプして身体を水面に打ちつける行動もその一つです。私達はスプラッシュジャンプと呼んでいるのですが、その名の通り、大きな水しぶきを飛び散らすジャンプなのです。この行動は1回のジャンプだけで終わらず数回続けて見られることが多いので、「パーンッ!」と大きな水音が聞こえたらイルプールの方を見て下さい。ただし、あまり近づきすぎると、水しぶきでずぶ濡れになってしまうので御注意を。【高津】 .

触ってください

2002年08月11日(日)

今回はウニを紹介します。シーズーにはタッチングコーナーがあります。そこにはムラサキウニ、バフンウニ、アカウニなどのウニがいます。食用としてウニを食べたことがあっても、生きて動いているウニを触ることは滅多にないと思います。トゲがたくさん生えていて見るからに痛そうですが、ここにあげたウニは刺したりはしません。ですから、軽く持っていれば、タワシのような感じで、全く痛くはなく、手の上でトゲをモゾモゾと動かして歩く感触が伝わり、気持が良いような、悪いような(?)感覚が味わえます。他にも色々な生きものがいます。タッチング周辺にはたいていスタッフがいますので、何でも聞いて下さい。そして怖がらずに、ウニもぜひ触って下さい。【蛭谷】.

イルカは日焼けするのか?

2002年08月04日(日)

城崎マリンワールドには、3頭のバンドウイルカがいます。その中の1頭ラナちゃんは、体が黒く、日焼けしたように見えます。イルカも人間と同じで生まれつき色黒、色白というように、それぞれ違ってきます。ラナちゃんは、元々色黒の方ですが、特に6月頃から一層黒く見えるようになった為、日焼けしたんじゃないかと思えてしまいます。イルカの日焼けはまだ解明されていませんが、皆さん、バンドウイルカのラナちゃんを見つけてみて下さい。(写真右側)【西川】.

海の生きものたちの不思議を紹介しています

2002年07月30日(火)

海の生きものたちは私達の想像もつかない生態をしています。体の色、形、食性、繁殖、どれも生きものたちによってさまざまです。シーズ-2Fのレクチャーコーナーでは、そんな海の生きものたちの不思議な生態を紹介しています。7月20日からは「ウミウシのエサのひみつ」を紹介。ウミウシがエサの中の毒を体に取り込むことで身を守っている生態などを展示解説しています。8月以降は、ヒトデやクラゲの不思議を紹介する予定です。彼らの不思議な生態をぜひご覧下さい。【竹田】.

新人トレーナーデビュー

2002年07月23日(火)

2名の女性新人トレーナーが、7月にデビューしました。4月より、先輩トレーナーの厳しい指導のもと、毎日トレーニングを行ってまいりました。林トレーナー、倉森トレーナー2名が一生懸命ショーを行っております。皆様、ぜひ応援してあげて下さい。【米田】.

自然水槽にブリ登場

2002年07月13日(土)

シーズーの自然水槽に新しく約50尾のブリが仲間入りしました。ご存知の方も多いと思いますが、ブリは成長するにつれて呼び名が変わる出世魚です。地方によって違いますが、関西地方では全長40cm程度までをツバス、80cmまでをハマチ、それ以上をブリ、と呼んでいます。自然水槽のブリはまだツバスサイズですがこれから成長するのを楽しみにしてください。【大津】.

「海の動物のお話」実施中!!

2002年07月07日(日)

毎週土曜日、ドルフィンタンク、イルカのライブステージ終了後、月例のテーマを設けて、海の動物に関わるトレーナーの裏話を10分~15分くらいの時間でミニ・ガイダンス形式で行っています。7月のテーマは『イルカの訓練方法(パート1)』。一般の人がショーを見て、いつも不思議に思うような疑問について、わかりやすく映像を交えてお話いたします。無料、参加人数制限なしです。ぜひ、ご参加ください。【漁野】.

カテゴリ
  • 飼育レポート
  • 最新の5件
    アーカイブ
    スマートフォンページへ