englishchinachina

城崎マリンワールド

  • tour
  • 年間パスポート
  • あなたにピッタリ城崎マリンワールドの
楽しみ方
  • バックステージツアー
  • GEO PARK GUIDE CENTER

飼育レポート

ググッと近くなりました!!

2017年05月02日(火)

イルカたちとの記念撮影ドルフィンフォト、このたびバージョンアップしました!!今まで頑張ってくれていた体の大きなバンドウイルカに代わりまして、カマイルカたちの登場です!今度はお客様にもショーステージに上がって頂き、カマイルカたちの真横に並んで写真を撮れるようになり、ググっと距離が近くなりました(^^)隣に上がってくるカマイルカたちにもぜひご注目!あっ、でも写真撮影の時にはカメラマンの方を見ることを忘れずに(^_^;) (清水)

.

名づけ親になるための傾向と対策

2017年04月30日(日)

 ただいまシーランドでは昨年6月に誕生したカマイルカの赤ちゃんの名前募集が始まっています。今回は名づけ親になるための傾向と対策をお教えしましょう!

今まで皆さんに名付けてもらったカマイルカの赤ちゃんの名前は「オリーブ」「ラフ」です。「オリーブ」は、皆さんよくご存じの地中海沿岸が原産の植物です。そのオリーブの意味は『平和』や『安らぎ』という意味があるそうです。また、「ラフ」はいつも笑って楽しくさせてくれるようにとの願いを込めてつけていただきました。このように、名前に想いや願いが込められていると名付け親になれる大チャンスです!

皆さんも是非、素敵な想いや願いを名前に込めて応募してくださいね!たくさんのご応募お待ちしています。(柿本)

.

だるまさんが転んだ

2017年04月30日(日)

カリフォルニアアシカのトイ、日々トレーニングに励んでいます。ですがトイにも息抜きは必要です^^私たちと同じで動物も遊ぶことが大好きです。そこで何かトイと遊べないかな~と思って始めたのがだるまさんが転んだです。トイはゲームが始まると一生懸命近づいてきます。(ぜひこちらの動画をご覧ください)いつかお客様と一緒にだるまさんが転んだができるようこれから練習していく予定です。ぜひその時は遊びに来てください☆ (早瀬)

.

城崎マリンクリニック 受付より

2017年04月22日(土)

ただ今、シーズー2Fのレクチャーカウンターでは「海の小さなドクター」として、クリアクリーナーシュリンプやホンソメワケベラなど様々なクリーナー生物を展示しています。クリーナー生物とは、魚の体表に付いた寄生虫などを食べる生き物たちです。今回の展示では、水槽に指を入れると、このドクターたちが“診察”してくれます!そもそもこの展示をしようと思ったのは、実際にクリーニングを受けている魚たちがとても気持ちよさそうにしていたからです。私もクリーニングされてみたい!というわけで、城崎マリンクリニックが開業いたしました。みなさんも名医たちの診察を是非体感してみてください。(松山)

.

性格はバラバラなんです

2017年04月19日(水)

今回はわたくし平間の担当する、カマイルカのマーヤ(写真下)をご紹介します!ガラス越しだと目の前に来てくれるマーヤですが、水中だとちょっと離れたところから、恐る恐るカメラを見つめてきます(笑)ちなみに同じプールに暮らすメルモ(写真上)だと、ものすごーく近くまで来てカメラに興味津々です。イルカたちも性格がそれぞれ違うんですよ(^^)!!(平間)

.

春の訪れ

2017年04月10日(月)

やっと桜が咲き、春の訪れを感じるようになった今日この頃。海の中にも春がやってきたようです。4月6日マリンワールドの近くの海に大量のクラゲが接岸しました。日本海は冬の間は荒々しい波の影響でクラゲ類が接岸することはあまりありません。波が穏やかになるこの時期から海岸にクラゲがやってくるようになります。この時期スタッフたちは大忙し。クラゲを見つけては、ひしゃくとバケツでクラゲ採集に出かけます。ひしゃくとバケツを持ったスタッフを見つけたらぜひ声をかけてみてください。もしかしたら珍しいクラゲも見られるかもしれませんよ。(清水)

.

イルカに会える穴場

2017年03月25日(土)

普段目がいってしまう
シーランドのショープール。
その横にはカマイルカが
生活しているプールがあるのですが、
実はここが穴場!

好奇心旺盛なカマイルカたちが
寄って来てくれるかもしれません!!
是非元気なイルカたちに
会いに来てください。(篠原)

.

満員御礼!

2017年03月18日(土)

3/15にペンギンの散歩が再開されました!ペンギン達が元気にお散歩をする姿はお客様だけでなく、私たちスタッフもつい笑顔になってしまう可愛さです。

さて、タイトルにあった「満員」。どこが満員なのかといいますとペンギンプール裏側にある巣箱の中です。これはペアを組んでいるペンギンたちのお家ですが、昼間はプールに遊びに行ったりして留守にしていることもあります。しかし、今の時期はかなりの確率で全員がそろっている姿をご覧いただけます!フンボルトペンギン達はただいま繁殖のシーズンを迎えています。そして卵を産むと40日間卵をお腹の下に抱えて温める「抱卵」をしますが、つい先日裏側に並んでいる全てのペアが抱卵を開始しました。卵はお母さんとお父さんが交代で温めますが、自分の番でなくても巣内で2羽が寄り添っている事がよくあります。是非散歩をする元気な姿だけでなく、巣内の仲睦まじいペンギン夫婦の様子もご覧下さい。(増田)

.

レイの新しいごあいさつ☆

2017年03月09日(木)

皆さん、こんにちは!今日は私が担当しているバンドウイルカのレイの新種目についてご紹介します。その種目は「遠隔鳴き手羽振り」です。種目名を聞いても(?)となりますよね(^^;)写真のように胸鰭を振りながら、鳴いてあいさつをしてくれる種目です!!レイの担当になって1年少しですがやっと完成して本当に嬉しいです(*^^*)今はショーでも披露しています!とても可愛らしいレイのあいさつをぜひ皆さん見に来てください♡

.

真剣勝負!

2017年03月07日(火)

水族館入り口から入ってすぐ右手に見える円山川上流水槽。この水槽には3匹のオオサンショウウオが暮らしています。

この水槽では毎週月、水、金曜日にオオサンショウウオと飼育員の真剣勝負が行われます。その真剣勝負の様子がこの写真です!みなさん、何をしているか分かりますか?そう、オオサンショウウオの給餌です。この水槽で暮らすオオサンショウウオたちにはホッケをあげているのですが、『生きている魚』に見せかけないと食べてくれません。なので餌のホッケをいかに生きているように見せるかが腕の見せ所です。棒の先にホッケをぶら下げて、あっちに揺らしこっちに揺らし。あたかも生きている魚に見せかけます。そして口に咥えても安心はできません!死んでいる魚だと気づくと吐き出してしまうので、咥えてもしばらくはピクピクと魚が暴れている様にホッケを動かし続けます。ホッケを尻尾の先まで飲み込んでくれるとやっと一安心。これにて真剣勝負は終了です。

冷凍された餌が苦手なオオサンショウウオと、なんとか食べてほしい飼育員との真剣勝負。好敵手であるオオサンショウウオを是非皆さん見つけてみてください。(堤)

.

カテゴリ
  • 飼育レポート
  • 最新の5件
    アーカイブ
    スマートフォンページへ