englishchinachina

城崎マリンワールド

  • 年間パスポート
  • あなたにピッタリ城崎マリンワールドの
楽しみ方
  • バックステージツアー
  • GEO PARK GUIDE CENTER

飼育レポート

バンドウイルカのリップ

2016年04月25日(月)

皆さんこんにちは!今回は、私の担当イルカの「リップ」をご紹介しましょう!リップには、担当一押しのかわいい仕草があります!それはアピールの仕方です。リップは頭の上の鼻を上手に震わせて、その時々の気分をアピールするんです!ここからは、あくまで担当の主観ですが(笑)給餌前に餌を準備していると、「早くしてよ!」と言わんばかりに「ピー!ピー!」と高い音を出してアピールします。餌をあげる際には、嬉しいのか1切れ1切れ「にぁ~ん!」と鳴きながら食べます。とても愛くるしいんですが、機嫌が悪い時は厄介です。「ブリブリブリ!」「ブー!」といかにも機嫌の悪そうな大きな音を出します。さらに機嫌が悪くなると、離れ際に尾鰭で水をかけてくる始末。リップが本当にどう思っているかは分かりませんが、何となくその時の気分が伝わってきます。もし、シーランドスタジアムでイルカの鳴き声が聞こえてきたらそれはリップかもしれません!そんな時は、鳴き方からリップのその時の機嫌を想像してみてくださいね!(豊田)

.

真剣なまなざし?優しげなまなざし?

2016年04月17日(日)

開園直後の朝9時すぎ、皆様にぜひ見ていただきたいポイントがあります。それは、Tubeのエリア、ゴマフアザラシ達への朝一番の給餌です。朝はみんなお腹がすいていて、バケツを持った飼育員の姿を見ると、すぐに集まってきます。それなのに、もし、エサに興味がなかったり、近づいてこなければ、体調が悪いのかもしれません。皆さんも、お腹が痛いときにご飯を食べたくないですよね?食欲や動きをみて、体調チェックをしているのです。アザラシ達を見守る、飼育員の真剣なまなざしにご注目ください。また、アザラシプールの隣、トドのプールでも朝一番の給餌の様子がご覧いただけますよ。(守山)

.

アシカの走り方にご注目!

2016年04月10日(日)

皆さん、こんにちは!城崎マリンワールドでは、アシカたちが楽しいショーを見せてくれています。アシカといえば、大きな前あしで力強く、羽ばたくようにして泳ぐのが特徴ですが、では、陸上を移動するときはどうするのでしょうか?もちろん、皆さんが想像している通りです(笑)。前あしや後ろあしを使ってヒョコヒョコ移動します。そんなに急いでいないときは、前あしのみで体を滑らせて…トレーナーが走ると、後ろあしも使って一生懸命ついてきます。ラクしたいときは前あしで思いっきり勢いをつけて、スィーっとお腹で滑りながら移動します。アシカたちが登場した際には、泳ぎ方だけでなく、陸上での移動の仕方にもご注目ください!(山本)

.

元気いっぱい!

2016年04月07日(木)

先日、きょうだいペンギンの名付けイベントを行い、2羽のペンギンにフブキとマーチという素敵な名前を付けていただきました。その2羽と同期、昨年生まれのペンギンがもう1羽います。ルビーといいます。チューブペンギンプールで暮らしていますが落ち着いた大人のペンギンに比べるとよく泳いで好奇心旺盛で元気一杯です。ガラス越しに手を動かすとついてくることもあるので、皆さん、ルビーと遊んでみて下さいね。(出石)

.

ドルフィンタンクショーにデビュー?!

2016年03月27日(日)

シーランドではイルカアシカショーの他にも屋内でのイルカショー「イルカのライブステージ」をドルフィンタンクにて行っています。そのショーデビューを目指して頑張っていたのが男の子のアイン。ドルフィンタンクのプールにも慣れ、夕方には練習をしていました。そしてついに3/26、デビューを果たしました。シーランドに来られましたら、3頭になって迫力の増したイルカのライブステージをぜひお楽しみください!!(藤岡)

.

リラックスしすぎですよ~

2016年03月18日(金)

4年前震災がきっかけでアクアマリンふくしまから来たハマですが、すくすく成長しています。展示プールに出たばかりのころは他のトドを警戒し緊張感も見られましたが、今となってはあの頃がうその様…。この写真はステージに寝っ転がり顔だけ水に浸け他のトドをゆったりと休みながら監視しているハマの様子です。毎日ハマのブームは変わっているようで最近はジャンプし水銀灯にタッチするのもお気に入り。ハマは日々やんちゃになっていきます。落ち着いているトドたちの中、変な動きをしている子がいたらハマかもしれません。(早瀬)

.

元気いっぱいおてんば娘!

2016年03月10日(木)

城崎マリンワールドのスーパーアイドルといえば、みなさんよくご存じの当館生まれのオリーブ(カマイルカ)ですよね!彼女も今年の9月で5歳になります!ショー中はもちろん、ショー以外の時間でも一生懸命!ショーカマイルカチームの中でも、誰よりも元気いっぱいボールを追いかけたり、飛び越えたり、はたまた挟んだり(^^)相変わらず人懐っこい性格で皆さんに愛嬌をふりまいています☆シーランドスタジアムのプールサイドに寄って来てくれるカマイルカ、それはおそらくオリーブです☆オリーブについていろいろとお話ししたい方は、ぜひスタッフまで!!(清水)

.

気になる彼へのアピール方法~ゴマフアザラシのポコ(♀)の場合~

2016年03月05日(土)

ポコはプールにいるアザラシの中で、一番体の大きなココのことが大好き。そんなポコのアピール方法は、まずココの後を泳いでついていく→ココが止まると、さりげなく接近→片手でボディータッチ→そっと抱きつく→後頭部(写真の時はほっぺ)にチューをする→ココ逃げる→ふりだしに戻る…といった感じです。ポコはここ2年ほどずっとココに片思い中なんです。早くココが振り向いてくれるといいね。頑張れポコ!(鈴木)

.

セイウチ“そら”のチャームポイント

2016年02月27日(土)

イルカアシカショーで活躍しているセイウチの“そら”はいつもかわいい演技を見せてくれます。気まぐれな時もありますが、いつも一生懸命に頑張っています。そんなそらちゃんの、ひそかに私が大好きなポイントをご紹介しましょう。それは「足」です。上半身は頑張っていても、気の抜けたような脱力しきった「足」。とてもかわいいと思いませんか?歩く時にも力が抜けているその様子はたまりません。他にもチャームポイントはたくさんありますので、皆さんの好きなポイント是非見つけに来てくださいね。(柿本)

.

オオサンショウウオの身体測定

2016年02月25日(木)

城崎マリンワールドでは、年に一度オオサンショウウオの身体測定を行っています。現3個体のオオサンショウウオがいますが、どれも1mを超える大型の個体ばかりなので、なかなか大変です。今回の測定の結果、一番大きな個体は全長125cm、体重は12.8kgでした。昨年は123cm、12.6kgでしたので、これだけ大きくてもまだ成長しています。この個体はまだまだ大きくなってくれそうですので、日本一の大きさを目指して育てていきたいと思います。(松山)

.

カテゴリ
  • 飼育レポート
  • 最新の5件
    アーカイブ
    スマートフォンページへ