englishchinachina

城崎マリンワールド

  • ミュージアム
  • tour
  • あなたにピッタリ城崎マリンワールドの
楽しみ方
  • バックステージツアー
  • 宿泊プラン
  • 日和山食品

飼育レポート

そらダッシュ

2019年07月18日(木)

今回は久しぶりにそらのご紹介です。7月からショーが変わりましたが、セイウチのそらが登場するとき、そらダッシュが見れるんです。観覧席の前の通路を全力でダッシュします。とは言いつつも滑っているだけなんですが…。体重も約600kg!加速がついて途中ドリフトのようになりますが、器用に滑りますよ。ショーでは是非一番前の席でかわいい姿を見てくださいね。

動画はコチラ
ぜひご覧ください。

.

私は誰でしょう?

2019年05月27日(月)

皆さんこんにちは!突然ですが、この写真に映っているイルカの名前、分かりますか?城崎マリンワールドには、バンドウイルカ5頭、カマイルカ11頭にそれぞれ愛称をつけています。見分けるのが難しいかもしれませんが、目の大きさや体の模様など、じっくり見ると結構違っているんですよ!そして写真のイルカですが、見分けるコツはダイブのイルカプールのどこかにあります。ぜひイルカを近くで見ながら探してみてくださいね。(安枝)

.

バージョンアップ!

2019年05月21日(火)

皆さんこんにちは!城崎マリンワールドのイルカアシカショーでは、様々な動物たちが魅力的な種目を数多く披露してくれるのですが、その中でも今回注目して頂きたいのは、バンドウイルカたちのロープハードルです!プールに張られたロープの両側からタイミングを合わせて跳び越えるクロスハードルジャンプですが、実は!最近バージョンアップしました!ラナが加わり、4頭で跳べるようになったんです!まだまだ上手く跳べないこともあるかもしれませんが、バージョンアップしたロープハードルジャンプ、ぜひ近いところでお楽しみください!(安枝)

.

○○ランキング!

2019年05月08日(水)

今回は、飼育員目線(私の独断と偏見による)ランキングでイルカたちを紹介していきます!イルカ・アシカショーで活躍しているカマイルカ4頭について、“目がぱっちりしている”イルカランキングを発表します。まず、第1位は…ティナです。ティナは、目がぱっちりしていて元気いっぱいです。第2位は、ミディ。ミディは、白目と黒目の割合がすごくきれいなんです。第3位は、オリーブ。オリーブは、黒目が大きくてかわいらしい印象ですが、なぜか閉じ気味なことが多いです…。そして第4位は、リーフ。リーフは、切れ長の目をしていて、クールビューティータイプです。以上、私的ランキングでした。みなさんのランキングはいかがでしょうか?(本多)

.

トドのダイビングがパワーアップ!

2019年04月28日(日)

5mの岩山から大きなトドたちが次々と飛び込む人気の演出、トドのダイビングがパワーアップしました。ショーの最後に岩山の頂上で倒立を披露していたオスのシュンタと一緒に、メスのハマも一段低いところに並んで倒立できるようになりました!最初は2頭の息が合わず苦戦しましたが、3月末からの猛練習の末、ようやくできるようになりました。GWに向けてさらに練習を重ねていきます。2頭同時倒立は圧倒的な迫力で、写真映えもばっちりです。まだまだ2頭の息が合わない事もありますが、成功した際には大きな拍手をトドけてあげてください!(佐々木)

 

.

イルカの鼻は?

2019年04月16日(火)

みなさんこんにちは。シーランドの鷲見です。やっと春らしい暖かさになってきましたね。この時期に1番嫌なのは花粉ですよね。この時期は鼻が辛いということで鼻にまつわるイルカの鼻について紹介したいと思います。皆様イルカたちの鼻はどこにあるか知っていますか?顔の先?顔の横?実はイルカたちの鼻は頭の上にあるんです!写真の矢印で示してある部分です。この蓋の部分が開くと鼻の穴があります。一見一つの穴しかないように見えますが実は私たち人間と同じように蓋の下で2つの穴に分かれています。当館に来られた際にイルカの鼻を見てみてください!もしかしたら2つの穴が見えるかも!!特にドルフィンタッチや、ドルフィントレーナーツアーなどのアトラクションはイルカを近くで見ることが出来るのでチャンスですよ。(鷲見)

.

ダレのおくち?

2019年03月28日(木)

これはどんな生き物の口の中でしょう?

不思議な形をした歯がたくさん生えていますが、正解はなんと・・・セイウチ!口の中は実はこのようになっています。セイウチの特徴でもある長い牙はこの歯が長く伸びたものなんです。自然界では、セイウチは貝などを主食としています。海水を口から吹き出して、砂の中に隠れた獲物を捕らえます。そして、この歯で貝殻を噛み砕いて中身を食べるんです!貝の他にも甲殻類や動きの鈍い魚を食べますが、いったい貝を何個食べたらあんな大きな体になるんでしょうね…(篠原)

.

美味しいエビに会いに来て

2019年03月17日(日)

ホタルイカの特別展示コーナーでは、ホタルイカと同じ環境で暮らす深海エビたちを展示しています。赤くてきれいなホッコクアカエビ(甘エビ)、体がとげとげしているイバラモエビ(オニエビ・ゴジラエビ)、砂に潜って息をひそめるクロザコエビ(白エビ)、大きくてインパクト抜群のトヤマエビ。漁師さんをも唸らす極上のエビたちが生きている姿を、ぜひ見に来てください!(佐々木)

.

スタッフ目線で解説!イルカ編Ⅱ

2019年03月17日(日)

皆さんこんにちは!動物たちを間近で見ることが出来るスタッフ目線で、今回はイルカたちの「歯」についてご紹介しましょう!

イルカたちの歯はこんな感じです。(写真②④)たくさんの鋭い歯が並んでいますね!歯の本数はイルカの種類によって変わってきます。バンドウイルカ(写真①)は80~90本(写真②)、カマイルカ(写真③)では120~130本(写真④)もの歯が生えているんですよ。なぜ本数があいまいかというと、1頭1頭歯の本数が違うからなんです。本当かな?と思った方はショー終了後、スタッフに話しかけて実際に数えてみてくださいね!

歯の大きさも種類によって少し違います。これは食べる餌の大きさなどによって歯の形が違うようです。ちなみに、なぜ鋭い歯しかないかというと、イルカたちは魚をモグモグと噛んで食べるわけではありません。すばしっこい魚を鋭い歯で捕まえて逃げられないようにするためです。そして、すぐに丸呑みにして食べてしまいます。食べる時には大きな舌を上手に使って飲み込むのですが…今回はここまで。舌のお話は次回にしたいと思います!どうぞお楽しみに~!(豊田)

.

魅力あります、冬期ショータイム限定公開トレーニング!

2019年02月13日(水)

毎日寒い日が続いていますがお元気ですか?今年は降雪が少なく飼育現場としては大助かりです。さて、今日は冬期ショータイム平日14時半から15時限定、魅力たっぷり公開トレーニングをご紹介します。皆さんこんな疑問はありませんか?「イルカのジャンプってどうやって教えるの??」とか「種目を覚えるのにどれくらいかかるのですか?」などなど。そんな疑問をお持ちのお客様、ぜひこの冬期ショータイム限定の公開トレーニングに足を運んでみてください。動物たちがそれぞれの目標を目指してトレーナーと奮闘しています!どの動物がトレーニングをしているかはその日その時次第!近くで動物を見ることも出来ますのでなかなか魅力的ですよ!!ぜひ、近くのスタッフに声を掛けて色々聞いてみて下さい!ただし2月末まで、しかも平日14時半から15時!お見逃しなく!!(清水)
.

カテゴリ
  • 飼育レポート
  • メディア掲載情報
  • 最新の5件
    アーカイブ
    スマートフォンページへ